一途にずっとシレン4

シレン4 主に浜辺の魔洞攻略

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

浜辺の魔洞 飲・読・振・入・腕輪縛り(縛りの説明、専用の攻略)

この縛りをやる前に『草・巻・杖・壺・札縛り』を考えてましたが、ただの腕輪ゲーになりそうなので腕輪縛り+ほぼ全種類のアイテムに制限付ける今回の縛りになりました。
かなりクセのある縛りなのでまずは縛りの説明から。


・草飲み、巻物読み、杖振り、壺入れるは禁止。選択するだけで発動しなければセーフ。
例)目潰し状態で巻物を読む選択して選択式かどうか判別するのはセーフ
・不可抗力によるゲイズ催眠での抵触はセーフ。意図的に催眠を受けての草飲みとかも可とします。
・腕輪はマニアの証準拠。不可抗力によるカッパ投擲での強制装備は即外せればセーフ。
・カッパを利用して意図的に壺に入れてもらうのも可。


こんな感じ。結局実用には至らなかったけどゲイズ催眠を故意に利用して飲・読・振・入がセーフというのがミソであり
これにより完全に使えないアイテムは実質腕輪意外には存在しないことになります。
またゲイズ催眠により草を飲んで縛り終了とか寒い終わり方もありません。

・草飲み縛りについて
草縛りとの大きな違いは合成ができて、復活(やりなおし)が使えるところ。ほとんどが投げ識別になるため
普段余り使わない専用の知識が必要。唯一普段通り使える復活が、投げ識別では完全に識別できず実際手に入る数より
実質1~2個残機が減る制限が付くのも面白いところだと思います。合成の楽しみが損なわれないのもいいです。

・巻物読み縛りについて
巻物縛りとの違いは水がれと迷子の異種合成、聖域、ねだやし、紹介状、イカスシ、そしてそれらを白紙で書けるところ。
その他にもおはらいの巻物をノロージョ系に投げ当てるなんてのも一応あります。選択式の中でおはらいの出現確率は高いのでうまく噛み合えばこれもなんとか実用レベルになると思います。
ねだやしが普段通り使えるのと、普段強すぎる白紙がいい感じに弱体化するのが面白いところです。白紙に招待状、迷子なんて
通常プレイではもったいないと思っちゃうけど、この縛りは使い道が限られてるので十分ありですよね。
イカスシも決してネタじゃないですよ。今回のこの複合縛りだと草飲みによる+5の満腹度回復なし、困時の満腹度回復なし、
壺入れなしでバナナの状態維持できない、アイテム全然持てない、、と満腹度維持は壊滅的です。
泣く泣く白紙にイカスシ書いて食べて満腹度40回復して命を繋ぐことが何度あったことか。。
読み縛りも面白いです。オススメ。

・杖振り縛りについて
相当弱体化します。できることは封印、かなしばり(加速杖)の異種合成、転ばぬのみ通常通り。
飛びつき、トンネル(ワナ消し、土塊)が死にアイテム、その他は全て投擲により不確定一回きりの札の下位互換のような使い捨てアイテムになる。
不確定要素と確定要素の選択肢で悩むというゲーム性が損なわれるのであんまり面白くないかなぁ。
そもそも杖縛り自体オススメできないので杖縛りよりはまだ振縛りのほうが面白いかなってくらい。
一回きりの身代わりや一時しのぎをどの程度優先的に持つかとか少し特殊な戦略が出るのは、まぁまぁ楽しめたかな。

・壺入れ縛りについて
押す壺である背中、トド、(一応魔物)と底抜けの落とし穴利用がメイン。底抜けの識別が困難で一回分無駄になりやすい。
その他にも四二鉢の爆発巻き込みは通常通り使える。やりすごしも投擲としてならOK。そして元々対して使いどころがない水がめと油壺も通常通り使えます。
更にカッパ投擲まで考慮すると一気に視野が広がります。

一番安い価格帯は、保存、識別、ただ壺の3択まで絞られるので3つのうちどれでもカッパに投げ入れてもらえばアイテム欄節約。

二番目の価格帯は換金が店売りなし、割れないの投げ識別まで判別できれば残りは変化、手封じ、チョコの3択。手封じはカッパに入れてもらうならただ壺と一緒、チョコと変化もなんとか運用できます。

おはらいorたたりの壺は、例えば今回の複合縛りであれば封印された復活というどっちにしろ使えないアイテムを投げ入れてもらえば当たっても2ダメ、たたりに入っても現状と変化なし、
おはらいなら解呪といった具合にノーリスク、ハイリターンな行動が取れます。

高級テーブル背中以外の祝福、強化、弱化の3択も同じく呪われた復活や、呪われてない武具を
投げ当てればローリスク、ハイリターンな行動が取れる。
後者はたまらんガッパ(57~59F)とマゼドン(68~70F)だからそこまで上げられないけどね。

最後に一応運用できるといえばできるんだろうけど合成壺はリスク、リターン合わないですねさすがに。
壺入れ縛りは面白いです。普通の壺縛りでも十分面白いですけどね。いい感じに縛りがゆるくなる感じ。
こっちはトド壺がとても神々しく見えます。
押す方を縛ってもいいかと。押すと入れる両方縛るのは、それなら壺縛りでいいかなって感じで微妙でした。

以上、全部組み合わせるとそれはそれは壊滅的に何もできないガチガチの縛りになります。
ひとまず説明と攻略はこんなもんで。次回は冒険記。
スポンサーサイト
  1. 2016/10/17(月) 02:33:14|
  2. 冒険記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<浜辺の魔洞 飲・読・振・入・腕輪縛り(冒険記、フロア別攻略1~10F) | ホーム | 草と巻物の洞窟 草縛り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sakurasiren.blog.fc2.com/tb.php/27-a07a1dcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

sakura

Author:sakura
シレン4 主に浜辺の魔洞攻略

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
テクニック (9)
考察 (3)
冒険記 (26)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。