一途にずっとシレン4

シレン4 主に浜辺の魔洞攻略

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

浜辺の魔洞 草・壺・腕輪縛り 失敗から学んだこと

アークゾーン5/6のとこで乙。
学べることが多い冒険だった。
もう少し腕があればクリアできる引きでしたね。

反省点①ラビとアーク対策を同時に行う『トカゲ盾(動)』は悪手。
結構一部で流行っている攻略法で、通常の攻略ではそれなりに実用的かと思いますが
HP回復手段が極端に少ない当縛りでは悪手だと感じました。
今回はアークフロアで突発モンハウ、開幕モンハウと2Fの不運に見舞われたのもありますが
移動杖でさっさと階段探して降りないとHP管理間に合わないです。
何しろ普段底抜け、あかり、ワナ消しを駆使して全力で即降りするフロアを
まともにフルワナチェックしながら6F分やらされるわけですから。
※あかり、ワナ消しは縛ってませんが壺縛り的に抱える余裕ないです。
※バナ罠一発アウトなんでワナチェ妥協すると運任せになってしまいます。なおカッパ祝福ギタン投げ…
また71~80Fのチドロで動かずを剥がしてもらうっていうのもリスクリターンが見合っていていいと思います。
一番はやっぱり『使い捨て(動)』がいいですね。これにポフ用の炎半減、ゲイズ用の催眠無効、地雷用の爆発半減を余裕あれば入れるのがコスパ最強の動かず盾でしょう。

反省点②食料管理が甘い
シレン4の縛りプレイにおいて今の自分にはバナナによる食料管理は最大の伸び代だと思ってます。
バナナ利用における満腹度の管理、焼きバナナのHP回復、満腹度消費しての足踏み回復によるHP管理、満腹度利用しての稼ぎによるアイテム生成、バナ皮利用での敵撃破、バナ皮利用での敵撃破による足踏み回復ターンの延長etc..
これらを最大限活かした利用を目指してますが、今回はこの管理が甘かった。壺縛りによるバナナ管理、草縛りにより入らなくなる満腹度5の重みについては十分理解しているつもりでしたが、まだまだでしたね。下記による悪循環が目立ちました。
・満腹度に余裕がないのにバナナを焼く
・足踏み回復できるのに焼きバナナを食べる
・HPが回復しているのに焼きバナナを食べる
・HP、満腹度共に問題ないのにバナ皮作成のため、バナナを食べる
これを極力なくすこと。難しいんですけどね。これは目立たない1手1手の積み重ねだと思います。

満腹度管理における致命的なミスは2個目以降のハラモチを印として使わず、メイン盾に修正値プラスor修正値0なので切り捨てるといった選択を取ったこと。
これによりサブ盾のトカゲ盾を成長させる際に余計な満腹度消費があり、この分をしっかり焼きバナナのHP回復に回せればアークフロア、豚フロアでもっと勝ち負けできたはず。
蛮族メインだった為、序盤、中盤までトカゲ盾(次点で朱剛盾)がきたらメインに乗り換えるといった思考があり、それ自体はミスではないと思いますが、盾がきても印数満タンで乗り換えられなかった場合を考慮できてなかった。マゼ4の70Fまでは頭に入れておくべきですね。

また掘削アイテムに余裕があったので、しっかり安全地帯を作った上で不幸杖を用いた54F~56Fでのバナライズもやるべきだったのかも。またアーク後になりますが戦車対策として87F~89Fバナライズもこれからは考慮したいと思います。
このフロアでのバナライズがいいか悪いかの単純な良し悪しではなく、選択肢を広げることが大事なんだと思います。
クリアできない引きを無茶な稼ぎでクリアできる引きに持ってくのも縛りプレイの醍醐味ですからね。絶望的な時に生きるかも。

改めて記事にするとほんと学べることが多い冒険だったなぁ。
スポンサーサイト
  1. 2016/04/04(月) 20:56:51|
  2. 冒険記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

sakura

Author:sakura
シレン4 主に浜辺の魔洞攻略

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
テクニック (9)
考察 (3)
冒険記 (26)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。