一途にずっとシレン4

シレン4 主に浜辺の魔洞攻略

常夜の洞窟 初回素潜り&99F素潜り

常夜はDSやり始めのころに持ち込みで1回クリアしたっきりだけなので何気に初挑戦でした。
配信外でサクっと打開。

・技構成
おいでよ混乱派
ルームサイクロン×2
ダダーン弾×4
カタマッタ弾(初回)/高飛び前後弾(99F)

でいきました。自分で試行錯誤したわけではなく、
攻略動画とかブログ記事を参考にして決めました。常夜に対する記事が少なくて少し残念。
おい混、ルーサ2のセットに青オーラとかの対策でカタマッタ弾1つ、残りをダダーン弾ってのがセオリーみたい。
やってみた感想としては青オーラ対策ならカタマッタ弾より高跳び前後弾のほうが2体処理できる分自分の好みでした。
とはいえかなしばりの杖や一時しのぎの杖などが余るので全部ダダーンでも大丈夫だと思います。

カタマッタ弾との違いとして、アークとかアビスに高飛び前後弾すると、見えないところから意地悪してくるので、それだけ頭に入れておく。(カッパ、デブータ種の上位でも同じだけど大体一撃で倒せる)
後は、ミエナイヨールをどこかで入れてもいいような気もするけど、バクスイ、混乱巻物も余りがちなのでこれで十分だと思いました。

・低層ループ、低~中層
灯火が出ないと始まらないとはいえ、バンバン出てくるのでそこまで酷いループは不要。
持ち込みダンジョンなのでやり直すといちいちマムルに連れ戻されるのが地味に面倒というのもあり
2Fまで巡回ループにしました。(1F、2Fは開幕おい混ルーサでドロップ狙い)
灯火手に入れてからは初回はずっと即降り、99Fは20Fまで巡回しその後即降り。
せっかちな人は99Fでもずっと即降りでいいと思うけど白紙1枚(ねだやし用)くらいは欲しいです。
深層に向けてすばやさ草、バクスイ、あかり、技回復辺りを優先的に温存しながら立ち回るといいです。

・ワナチェック
初回も99Fも残機が1つも来ませんでしたが、サクサク進むので80F台でワナで倒れてもそこまでショックも少ないと思いワナチェなしでいきました。90F台からワナチェしました。

・ラビ、ドラゴン、みだれ対策
動かずが高級テーブル限定とはいえフロア数などを考慮するとねだやしはドラゴンがベスト。
白紙2枚きたときに順番にねだやしたくなりますが
ドレッド→アーク→テリブル→アビスの出現順なので、2枚目以降は緊急回避用で持ってた方がいいと思います。
ドレッド、テリブルは開幕すばやさ草→おい混→バクスイ→ルーサで抹殺。
みだれ大根も同様でもいいけど、アイテムが足りないと思うのであかりの巻物でかわしたほうが効率いいでしょう。

・ボス戦
99Fもあるのかと思ったけど初回だけなんですね。技回復一枚もなかったけど、技全部ぶっぱなしただけであっさり終わりましたw


以上。自分はいわゆる夜ダンアンチではありませんが、昼限定ダンジョンのほうが好きです。
テーブルと睨めっこして昼夜切り分けながら強敵をかわすってのと、昼は毎回夜待ちして夜進むってのがあまり楽しめないんですよね。
当然ながら常夜にはその自分的マイナス要素が2点とも無いので、とても楽しめました。今更なんだけどすごい斬新でしたw
こんなに面白いものかと感動。TAでも縛りでもあんまり流行ってる様子はないけどオススメできます。
4はどのダンジョンも個性があって楽しいですね。
これにて改めて全ダンジョンクリア(シレン道は破壊的、その他持ち込みダンジョンは全て持ち込みなし)となりました。

難易度は
夢中<ストーリー<常夜<バナナ<二撃<草巻<プラパラ<あがらず
<置けず<浜辺<ジャガー<商店街<修羅<トラップ<シレン道

『置けず<浜辺』と『商店街<修羅』辺りが一般的に言われている難易度と違うみたいです。
前者は夜がある分浜辺より置けずの方が楽、後者はアイテム引きでの運要素とか事故要素を考慮した難易度の考え方の違いからだと思います。


ちなみに間違っている人がすごい多いですが
常夜は『じょうや』じゃなくて『とこよ』って読みます。公式攻略本に書いてあります。

単語的にはどっちでも読み方としては正しいみたいだけど

『じょうや』…夜の間ずっと
『とこよ』…ずっと夜

って使い分けるっぽい。とこよは常夏を『とこなつ』って読むのと同じ感じなんだとか。
スポンサーサイト
  1. 2015/02/01(日) 14:28:49|
  2. 冒険記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

sakura

Author:sakura
シレン4 主に浜辺の魔洞攻略

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
テクニック (9)
考察 (3)
冒険記 (26)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR